ログハウス暮らし、住み心地、メンテナンス、薪ストーブ(ヨツールF3)、美味しい食べ物、季節の草花などのWeblogです。
by ukiukilog
ukiukilog/うきうきログ


千葉県在住、お家は丸ログマシンカットログハウス、薪ストーブ付きです。

Myサイトうきうきログハウス生活~薪ストーブとともに~もご覧ください。
当ブログの続編、うきうきログハウス暮らし2もよろしくね!

ご紹介サイト


クリック募金!
クリックで救える命がある

にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
ランキングに参加中!1日1回バナーをポチっとお願いしますネ!

お気に入りのブログ


♠ 楽しく暮らそっ♪
♠ チビスケとクロスケ
♠ 薪ストーブは燃えているか
♠ ナチュラルライフたきたろう
♠ 丘ダイバーのトンカチ日記
♠ 北総の本棚・薪棚
♠ 薪ストーブのお値段
♠ 薪ストーブ 店長日記
♠ アル ときどき アーク
お気に入りブログ
我が家の照明~ダウンライト
我が家のリビングの照明にはダウンライトがあります。

昼白色や昼光色の蛍光灯はログハウスには似合わない!と思い、
たくさんのカタログとあちこちのお店の実物を比較検討し、
電球を使用した照明器具をメインにした照明プランを妻が作りました。

そして妻が一生懸命に配光を研究し、選んだユニバーサルタイプのダウンライト2つがリビングにあるのですが...。
f0047524_895415.jpg

向きを変えられて、とてもグッドな選択だったのに!
どうも使用頻度が高いせいなのか、この40Wのレフランプの寿命が短いのです。
しかも調光器が付いているのに...(^_^;)
5年で既に3セット目。うーん、不経済だぁ。

そこで、思い切ってエコ替え(電球から蛍光灯へ)を検討してみました。




ネットで調べてみると、調光器付きのダウンライトには、普通の電球形蛍光灯は使えないことがわかりました。
(ソフトスタート式の電球照明にも使えないようです)
ところが、なんと調光器付きの照明器具に置換できる、電球形蛍光灯がパナソニックさん(旧ナショナルさん)から発売されているではありませんか!(値は張るけど...)
下の写真の左側が40Wのレフランプ(口金17E)、
右側のものが調光器対応の電球形蛍光灯(60W形、口金17E、消費電力14W)です。
f0047524_8281255.jpg

そして、交換してみるとこんな感じです。
f0047524_830382.jpg

調光器を0から50%くらいまで上げるとランプが点灯します。
その後100%まで上げ、蛍光灯が暖まると(5分くらい?)明るさが最大になります。
そこから、調光器を100%から30%くらいに下げても消えません。
明るさは調光器に対してリニアではなく、100%の明るさから50%くらいになって、いきなり消える感じです。
だから調光は、電球のようにほんのり点灯、というようなことは出来ません。
でも、消費電力はリニアだそうですから、5Wくらいで運転も可能ということでしょう。

地球と家計に優しい、エコ替え。
初期投資がかかりますが、これからも機会を見て進めていきたいな、と思いました。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村のランキングに参加しています。


[PR]
by ukiukilog | 2008-10-19 19:19 | インテリア
<< 薪ストーブ本体の掃除 千葉市 泉自然公園の秋の花 >>