ログハウス暮らし、住み心地、メンテナンス、薪ストーブ(Jøtul F3 CB)、美味しい食べ物、季節の草花などのWeblogです。
by ukiukilog
ukiukilog/うきうきログ

千葉県在住、お家は、
マシンカットログハウス、
薪ストーブ付きです。
1968年生まれ、A型の男子。

Myサイト since 2005
うきうきログハウス生活もご覧ください。

ご紹介サイト


クリック募金!
クリックで救える命がある。

にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
ランキングに参加中!
1日1回バナーをポチっ
とお願いしますネ!


【チーム員No.160026】

お気に入りのブログ

♠ 楽しく暮らそっ♪
♠ チビスケとクロスケ
♠ 薪ストーブは燃えているか
♠ 房総ログハウス暮らし
♠ 丘ダイバーのトンカチ日記
♠ 北総の薪棚、里山と田畑 ver2
♠ 薪ストーブのお値段
♠ 店長日記
♠ 「DIY」を合い言葉に作れる物は作ってしまうぞ
♠ tomo爺のバードハウス
♠ アル ときどき アーク
♠ ウェルシュ・コーギー aRu
♠ 作業場にて・・・
♠ 楽しく暮らそう!
♠ じょんならんがな。
お気に入りブログ
カテゴリ:私の考えていること( 3 )
八ヶ岳倶楽部~柳生博さん
今年は母の新盆を迎えるため、この日に岐阜の実家へ向かいました。
今年は13日から高速1,000円ということで渋滞を避けるため、いつもより早めに千葉を出発しました。
11日に静岡で地震があり、東名高速で路肩崩壊の被害があって東名を避けることにして、中央高速道を通りました。
八王子付近で渋滞しましたが、思ったよりスムーズで不況を実感しました。

順調なので、須玉ICで降りて北杜市明野のひまわりフェスタに行ってみましたが、ひまわりは既に終わりを迎えていて、全く撮影に向かず、「せっかく高速降りたのに、不満...」ってことで、清里方面へ向かいました。
しかし、下調べもなく行ったせいか、寂れた感じが漂っていて、...。
そこで、大泉方面へ方向を変え、長坂ICへ向かいながら途中でよさげなお店でランチにしようと思い、車を走らせていたら、「八ヶ岳倶楽部」の案内看板が目に飛び込んできました。
BSフジで放送されている「ポール・スミザー四季のガーデン生活」で柳生博さんがポールさんと対談する回があり、そこで初めて「八ヶ岳倶楽部」のことを知ったのです。
柳生博さんは20年前から、植林された針葉樹林を広葉樹の森(雑木林)に作りかえてきたのです。
その雑木林を一般に公開し、楽しんでもらう場が「八ヶ岳倶楽部」です。
(写真はガーデンショップと奥には息子さんで園芸家の柳生真吾さん作のガーデンシェッドです)
f0047524_12543357.jpg

併設のレストランで奥様考案のフルーツティをいただきながら、ランチにしました。
f0047524_12565028.jpg

前の週に発売された「八ヶ岳倶楽部II それからの森 」という柳生博さんの(直筆サイン入り!)本を購入し、さらに柳生博さんといっしょに写真を撮らせていただいて、楽しく気持ちのよい時間を過ごしました。
柳生博さんは「日本野鳥の会」の会長さんでもあり、ナチュラリストとしても素晴らしい方です。

今度は紅葉の素晴らしい季節に来てみようと思いました。
[PR]
by ukiukilog | 2009-08-13 12:24 | 私の考えていること
除草剤
この夏、5日間、岐阜県の美濃地方の両親のいる家に帰省しました。
ちょうど全国的に猛暑のときで、暑くて閉口しましたが、
それよりもっと困ったことに遭遇しました。

More
[PR]
by ukiukilog | 2007-08-21 13:46 | 私の考えていること
私はチーム・マイナス6%です!
既に多くの方がご存知だと思いますが、
チーム・マイナス6%とは
「深刻な問題となっている地球温暖化。
この解決のために世界が協力して作った
京都議定書が平成17年2月16日に発効しました。
世界に約束した日本の目標は、
温室効果ガス排出量6%の削減。
これを実現するための国民的プロジェクト、
それがチーム・マイナス6%です。」
(以上チーム・マイナス6%のサイトより抜粋)

f0047524_120205.gif


私もチーム員になりました。
チーム員ナンバーは160026です。
現在実行中のアクションは、
ACT1の冷房は28℃設定にしよう(実際はまだ冷房未稼働)
ACT5の過剰包装を断ろう(食品の買い物にはマイバッグ持参)
です。

私たちは、以前ダイビングを趣味としていましたが、
その頃から世界で多くの珊瑚礁が海水温の上昇などで
死滅して行っているという、事実を耳にしていました。
そして、さらに環礁からできた南の島々は海抜が低く、
温暖化で海水面が上昇して、
島が沈んでしまう危機に瀕しているということを
知りました。

私たちの経済活動が(極論すれば存在自体が)多くの人たちの
住む場所を奪ってしまうかもしれない、
さらに、多くの野生生物の住む環境をも奪い始めている、
という事実をもっと重く受け止め、今こそ一人ひとりが実行する
義務が発生しているのだと認識すべきです。

もし、これからも地球で生きていたいなら、義務を果たさねばなりません。
地球に生を受けた人間の存在を価値あるものにするために。
[PR]
by ukiukilog | 2007-06-21 12:02 | 私の考えていること